ゴミ屋敷お片付け隊

モノを捨てられない人が多いゴミ屋敷

ゴミ屋敷はうちの近所にもあります。半透明のゴミ袋がどさどさ積まれていて、そこの住民は、そのゴミがあるのがよろしくないのはわかっているんでしょうね。シートを前にぶら下げて隠してますから。でも、隠れてないんですよね、正確にいうと。そのシートが風になびくと普通にゴミ袋が丸見えになっちゃうのです。
ゴミ屋敷にしちゃう人って、モノを捨てられない人が多いらしいです。場合によっては、わざわざゴミ捨て場から、もったいないからと集めてきちゃう人もいるようです。これもひとつの収集癖と言えるのかもしれませんね。最初は1つかもしれませんが、それが日を追うにつれ、1つ、また1つと集まってくれば、それは大量のゴミが集まることになります。ゴミ屋敷住民本人は気にならないのかもしれませんが、周りの方々からしたらたまったものではないですね。自分自身、隣がゴミ屋敷だったらなんて考えたらゾッとしちゃいます。もし一戸建てや分譲マンションを購入していたとしたら、それは生活を脅かされていると言ってもよく、一大事ですよね。
マスコミで報道されるゴミ屋敷住民は結構ひと癖ある人が多く、ゴミ撤去の話し合いにすらなかなか応じない人も多いようですね。個人的な意見としては、行政による強制的なゴミ撤去と、生活習慣の改善指導を続けていくしかないのかなと思います。お互いに気分よく生活できる環境を作りたいですからね。

ゴミ屋敷を作ってしまう人に関して

ゴミ屋敷という言葉は、皆さん一度は耳にした事があるでしょう。そして多くの方が、テレビのニュースなどでそのゴミ屋敷の状態を見た事があると言えるのではないでしょうか。通常では考えられないような景色がその家には広がっていて、どうしてこんな事になってしまうのか疑問に思う方も多いかと思います。
実際のところ、ゴミ屋敷を作ってしまう人というのはただ単純に片付けが苦手であったり、なかなか物が捨てられないという域を超えているでしょう。最近ではこういったゴミ屋敷を作ってしまうような人は、精神疾患があると言われています。しっかりと病名がついているので、普通の感覚で片付けるように言っても、あまり意味がないという事が言えるでしょう。こういったい家に住む人は、皆さんゴミではなく、資源や財産だと主張をしています。それもこの精神疾患の特徴だと言えるのではないでしょうか。本人達からしたら、周りからしたらゴミでも味分が収集した大切なものなのです。
こういったゴミ屋敷を作ってしまう人の実態がわかれば、正しい対処方法なども見えてくるのではないでしょうか。闇雲に、または無理矢理片付けさせようとしたりしても無理です。この問題を根本的に解決するためには、専門家の手が必要になるでしょう。

ゴミ屋敷はどういった方が作っていくのか

メディアなどでゴミ屋敷がテーマとして扱われることがありますが、そもそもどういった方々によって作られていくのでしょうか。
そもそも散かった物の片付け方がわからなかったりする場合は、ADHDという片付けられない症候群に当てはまる方々かも知れません。また、集めた物をなくしてしまうことに対して強い恐怖を感じるホーディングの方や、それ以外にも認知症や統合失調症やうつ病などの精神的疾患を抱えている方が、こういったゴミ屋敷を作っていく傾向にあります。
また、深く心に傷を負った方が現実逃避の場所として、片付けもせずに自らゴミ屋敷化を選んでいる場合もあるようです。もちろんこういった問題は、大阪や東京など都市部だけではなく、地方でも同じように社会的問題となっております。悪臭や害虫の問題もあって周辺住民からも苦情が沸き起こり、ゴミ屋敷条例によって自治体から本人への指導や勧告がされておりますが、全てのゴミ屋敷問題が解決されているわけではありません。
ストレスだらけの社会で心の病を抱えている方々も多く、これからますます高齢者が増えていく日本社会では、こういった問題はもっと深刻な社会問題になっていく恐れがあるでしょう。

ピックアップ

綺麗になった家

マンションにもゴミ屋敷が存在

大阪にほど近い地域にあるマンションです。ここのマンションに息子夫婦が住んでいますが、どうもゴミ屋敷になっている部屋があるというのです。マンションですから正確には「ゴミ屋敷」ならぬ「ゴミ部屋」になるのかも知れません。息子夫婦には…

続きを読む

トラックで荷物を運ぶ男性

困ったゴミ屋敷の家主に関して

ゴミ屋敷には必ず家主がいて、その家主がゴミをためて作っていきます。そして、そんなゴミ屋敷の家主ですが、共通してこの家のゴミはゴミではないと言い張ります。ですから、無理矢理ゴミを片付けたり捨てたりしようとすると、かなりの勢いで怒…

続きを読む